働く人のメンタルヘルス


中・四国心理相談員会

お問い合わせはお気軽にどうぞ
トップページ > 研修会情報

研修会情報information

平成29年度研修会予定

第一回 もしも「死にたい」と言われたら―自殺リスクの評価と対応― 平成29年5月20日(土)
第二回 解決志向ブリーフセラピー(SFBT)のコツ 平成29年7月22日(土)
第三回 自分らしくより豊かに生きるためのWRAP(元気回復行動プラン) 平成29年9月9日(土)
第四回 認知行動療法の「なに」を「どう」使うか 平成29年11月18日(土)
第五回 からだの動きを通したこころのマネジメント 平成30年2月3日(土)

参加費
会員:2,000円
非会員:4,000円
※全ての研修で共通です。

※当日参加も可能ですが、なるべく事前のお申込みをお願いします。
※事務局が移転しましたので、お申し込み先にご注意ください。
平成29年度全予定一覧(pdf)

第一回研修会 もしも「死にたい」と言われたら
~自殺リスクの評価と対応~
(盛況のうちに終了いたしました)
講師
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所 薬物依存研究部 部長
医師・医学博士 松本 俊彦 先生
会 場 広島市安芸区民文化センター
期 日 平成29年5月20日(土)
14:00~17:10
研修概要 クライエントから「死にたい」と言われた際にどう対応したらよいのか,自分を傷つける行動を繰り返すクライエントにどのようにかかわればよいのか,そして,自殺のリスクアセスメントとマネジメントの基本は何なのかについて,高名で知られる講師から学びます。
お申し込み 中・四国心理相談員会事務局
FAX:082-879-0170
※お申し込みはFAXがメールでお願いします。FAXの際はこちらを印刷いただくか同じ内容を、上記までお願いします。
※メールの場合はお申し込みメールフォームをご利用ください。
第二回研修会 解決志向ブリーフセラピーのコツ
(盛況のうちに終了いたしました)
講師
吉備国際大学 心理学部心理学科
教授 津川 秀夫 先生
会 場 広島市西区民文化センター
期 日 平成29年7月22日(土)
14:00~17:10
研修概要 <津川先生からのメッセージ>解決志向ブリーフセラピー(Solution-Focused Brief Therapy)は、問題や症状を扱うのではなく、ダイレクトに解決に焦点づけていくユニークなアプローチです。SFBTは、シンプルな質問技法で成り立っていますから、その手続きを「知る」のはそれほど難しいことではありません。しかし、SFBTを自由自在に「使う」となるとどうでしょうか? 古人の歌に「稽古とは 一より習ひ 十を知り 十よりかへる もとのその一」とあります。手順を知ってからが本当の稽古の始まりということです。今回の研修では、「十よりかへる もとのその一」を意識して、基本をしっかり捉えていきます。そして、SFBTを「知る」段階で終わらせずに「できる」「使える」に高めるためのコツを体験的に学んでいただきます。今回は、SFBTの基礎知識・経験のある方を主たる対象としますが、初めてブリーフセラピーに触れる人の参加も歓迎します。
お申し込み 中・四国心理相談員会事務局
FAX:082-879-0170
※お申し込みはFAXがメールでお願いします。FAXの際はこちらを印刷いただくか同じ内容を、上記までお願いします。
※メールの場合はお申し込みメールフォームをご利用ください。
第三回研修会 自分らしくより豊かに生きるためのWRAP(元気回復行動プラン)
~可能性の扉はいつでも,誰にでも開かれている~
講師
久留米大学文学部社会福祉学科
准教授 坂本 明子  先生
会 場 広島市西区民文化センター
期 日 平成29年9月9日(土)
14:00~17:10
研修概要 WRAP(元気回復行動プラン)とはいい感じの自分でいるために,不快で苦痛を伴う困難な状態を自分でチェックして,対応する行動プランです。WRAPの魅力は「自分が元気になるために自分自身でつくった道具(ツール)であること」です。クライエントの現状の改善とともに,もっと人生を楽しむための支援に役立つ方法を学びます。
お申し込み 中・四国心理相談員会事務局
FAX:082-879-0170
※お申し込みはFAXがメールでお願いします。FAXの際はこちらを印刷いただくか同じ内容を、上記までお願いします。
※メールの場合はお申し込みメールフォームをご利用ください。
第四回研修会 認知行動療法の「なに」を「どう」使うか
~クライエントの「利益」に寄り添うかかわり~
講師
中・四国心理相談員会会長
広島心理教育研究所代表
臨床心理士 小村 緩岳 先生
会 場 広島市安芸区民文化センター
期 日 平成29年11月18日(土)
14:00~17:10
研修概要 認知行動療法(CBT)には多くの技法・ツールがありますが,それらをカスタマイズして目の前のクライエントに「フィット」したものになってこそ,クライエントへの有効な支援になります。今回の研修では,認知行動療法の基本的な部分のおさらいと,いわゆる「第○世代」にこだわらない,クライエント利益優先のCBTの進め方について研修します。
お申し込み 中・四国心理相談員会事務局
FAX:082-879-0170
※お申し込みはFAXがメールでお願いします。FAXの際はこちらを印刷いただくか同じ内容を、上記までお願いします。
※メールの場合はお申し込みメールフォームをご利用ください。
第五回研修会 からだの動きを通したこころのマネジメント
講師
広島大学大学院教育学研究科
心理学講座
教授 服巻 豊 先生
会 場 広島市安芸区民文化センター
期 日 平成30年2月3日(土)
14:00~17:10
研修概要 ひとは緊張やストレスを感じた時に,自分の心を落ち着かせようとした り,ホッとさせるためにいろんな工夫をしていることがあります。 あったかい お茶を飲んだり,美味しいものを食べたり,綺麗な景色を見たり,深呼吸をした り,運動をしてみたりなどです。でもなにが自分にとっ てよりよいものかはな かなか意識できないでものです。今回は,自分のストレスや心の状態をからだの 感じ方や動かし方を通して知り,からだを動 かしながら自分と向き合い,ホッ とする体験,つまりこころのマネジメントをする方法を一緒に学んでいきたいと 思います。今回は,病院などの組 織で働く方が多いようですので,組織として のこころのマネジメントへの取り組み方も学んでいけたらと思います。
お申し込み 中・四国心理相談員会事務局
FAX:082-879-0170
※お申し込みはFAXがメールでお願いします。FAXの際はこちらを印刷いただくか同じ内容を、上記までお願いします。
※メールの場合はお申し込みメールフォームをご利用ください。
ページトップへ戻る
Copyright(C) 中・四国心理相談員会 2015 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system