働く人のメンタルヘルス


中・四国心理相談員会

お問い合わせはお気軽にどうぞ
トップページ > 心理相談員会ご紹介

心理相談員会とは・ご紹介

労働安全衛生法に基づく「心とからだの健康づくり」運動(トータル・ヘルス・プロモーションプラン;以下THP)の一環をなす心理相談専門研修修了者(心理相談員)の、知識及び技能の向上、会員相互の情報交換と親睦、THP運動の推進、心理相談員の社会的地位の向上を目的として設立された団体です。設立から20年間、中央労働災害防止協会の下部組織として全国の支部ごとに事業を行ってきました。

中・四国心理相談員会とは

平成20年度より、北海道・東北、関東、中部、関西、中・四国、九州の各地域ごとに独立し、中国四国地域は「心理相談員会中国四国支部」から「中・四国心理相談員会」としてリニューアルし、事業所内で働く人のメンタルヘルスを担う人材のレベルアップのための活動を変わることなく続けています。

目的は職場内での積極的なメンタルヘルス推進を担当する人材を育成し、有効な活動につなげ、働く人の健康を維持・増進、同時にメンタル不調の予防に努めることで、職場内の生産性を向上させ、組織の活性化に寄与することです。その目的に沿う内容の研修を毎年企画して、好評を博しております。本会は営利を全く追求しない任意団体でありますので、皆様からの支援によって成り立っています。

是非、今後とも変わらぬご支援・ご協力をお願い致します。

※会員になるには、中災防主催の専門研修を受ける必要があります。

設立

  •  平成4年3月15日、本部心理相談員会の中・四国支部として設立
  •  平成16年4月1日、中・四国心理相談員会として独立

設立目的

 1)会員の知識及び技能の向上
 2)会員相互の情報交換と親睦
 3)THP運動の推進
 4)心理相談員の社会的地位の向上
 *THP運動とは、労働安全衛生法に基づく労働者の健康保持増進策「心とからだの健康づくり」をさす

会員数

 72名(平成26年4月1日現在)

役員組織

 会長:小村緩岳
 副会長
 事務局長
 会計担当役員
 総務担当役員
 監事
 顧問

事業

 1)THP運動推進に関する事項
 2)メンタルへルス・ケア業務に関する事項
 3)心理相談に関する事項
 4)会員の研究及び研修に関する事項
 5)広報に関する事項
 6)その他必要と認められる事項

本会について

  • 入会には(財)中央労働災害防止協会主催の「心理相談担当者専門研修」を受講していることが条件になります。研修は全国各地で定期的に開催されますので、受講資格と合わせまして、中央労働災害防止協会HPでご確認下さい。専門研修のお問い合わせ、お申し込みは下記の「中央労働災害防止協会」が窓口となります

  • 専門研修によって得られた資格は3年ごとの更新となります。本会主催の研修会は資格更新に必要な単位を取得できるレベルアップ研修として認定されています。本会に入会されますと、レベルアップ研修が会員料金で受講できます。

入会について

入会を希望される方は下記事務局までお問い合わせください。事務局より追って入会金振込用紙、研修計画などを送付致します。本サイトのリンク集よりメールフォームでのお問い合わせもできます。

専門研修について

窓口は中央労働災害防止協会となります。中央労働災害防止協会HPをご参照下さい。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 中・四国心理相談員会 2015 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system